「部屋の掃除をしよう!」

何度もそう決心するけど、一体何から手をつければいいかわからないこと多くありませんか?私も以前は片付けられない人間でしたが、掃除達人の友達から片付けの「いろは」を叩きこまれて以来、掃除が得意になりました。

掃除のコツを覚えれば、片付け上手になるのはもちろん、部屋を汚さないようにもなれます。今回は私の掃除生命の全てを捧げ、ご紹介します!

スポンサーリンク



まずはじめにすること

掃除をしよう!と思ったあなた、最初にすべきことは「明らかなゴミをゴミ袋にいれること」です。

この段階では、あなたがゴミだと思うものを素早く処理していくことが大切です。目につく限りのゴミを、まずは処理してしまいましょう。「使うかも・・・」と少しでも迷ったものは、とりあえず気にしないで置いておきましょう。

実際、これだけでもあなたの部屋はだいぶキレイになると思います。部屋の汚さに個人差はありますが、何らかの達成感を得られるのではないでしょうか。掃除を楽しくするコツは、段階ごとに達成感を得ることです。少しずつキレイになっていく部屋を楽しんで下さい。

まずは第一段階、よろしいですか?

部屋の掃除の順番について

部屋の掃除は基本的に上から行います。理由は単純で、下から掃除して後から上の方を掃除すると、どうしてもホコリが下のほうに落ちてしまうからです。二度手間を避け、効率のいい掃除をしましょう。

point 掃除は「上」から

具体的な掃除ルートは【天井→壁→棚→クローゼット→床】です。

徹底的に部屋の掃除がしたいなら、天井のホコリから落とします。もしサクッととりあえずキレイにしたいと思うなら、棚から始めても大丈夫でしょう。

モノを「いる」「いらない」「中間」に分ける

片付ける場所が決まったら、そこにあるモノを「いるもの」「いらないもの」「中間」に分ける作業をします。

出来ればダンボールを2つ用意して、「いるもの」「中間」のモノをダンボールにいれ、いらないものは分別してゴミ袋等に入れちゃいましょう。また、その棚にあるものを全部仕分けします。分け終わったら、そこにはなにも残っていない状態にします。

point 片付ける場所の全てのものを仕分ける

また、掃除のできない人はここでつまづく人が多いと思います。仕分けするときは、「これをもっていることで、私にメリットがあるかどうか」という考え方に基づくべきです。

①「使っていてメリットがある」

②「近いうち(1,2ヶ月以内)に必ず使う」

③「全く使ってないけど年内に使う」

④「全く使ってないけどいつか…」

⑤「大切な飾りもの」

上のうち、①②はメリットが大きいと思います。よって「いるもの」の箱へ。

③⑤はメリットは①②に比べて小さいかもしれませんので「中間」箱へ。

④については、バッサリと捨ててしまいなさい!この基準を自分自身でしっかりと持ち、自分に厳しく仕分けをしましょう。

次に代表的な溜まるモノの、私の捨てる基準を紹介します。

雑誌

3ヶ月以上経っているものは捨てます。情報雑誌は新鮮さが大切です。絶対に捨てたくない記事がある!という場合は、そのページだけ切り取ってスクラップブックに貼り付けています。

上のようなスクラップ専用ブックもあります。本当に重要だと思う雑誌記事は、その箇所だけ切り取って、後はすてましょう!ただ、スクラップは掃除が終わってからやりましょう!!

衣服

シミがあったり変色しているもの、サイズが合わないものはいくら愛用していても捨てます。「また着るかも…」と思っていても、その日はなかなかやってきません。

むしろ、シミ・変色しているものを着て出かけてしまうことがなくなります。部屋の掃除のついでに、身だしなみの改善までついでにしちゃいましょう。

「いる」「いらない」「中間」のモノ、分けられましたか?

棚やタンスの汚れ・ホコリを掃除する

まだモノを戻してはいけません。ものが無くなった場所を掃除しましょう。

私はキレイな雑巾をしっかり絞って水拭きをしたあと、乾いた雑巾で乾拭きします。乾拭きすることで、再びホコリがついてしまうのを防ぐことができます。

もし頑固な汚れがある場合は、洗剤を使いましょう。白木などコーティングされていないものはダメですが、ニスや樹脂塗装されているものであればオレンジオイルの洗剤を使うのがオススメです。

オレンジオイルにはリモネンという成分が含まれており、これを使えば汚れを浮かしてキレイに拭き取ることができます。家のあらゆる箇所で使えるので、1つもっておくととても便利です。

拭いた後は、乾拭きを忘れずに!

「いるもの」を優先的に置き、終了

キレイになった所に、先ほど仕分けたものを置いていきます。

まずは「いるもの」を優先的に置きます。その後、「中間のモノ」を置いていくのですが、この時に「やはりいらないな」と思ったものはバッサリ捨ててしまいましょう

この置く段階で、思ったよりも多くのものがゴミになっていくと思います。キレイになった所には、本当に大切なものしか置きたくないという心理が働いているんでしょう。

point 置く場所をキレイにすることで、仕分けの見極めがしやすくなる

そこにおくべきモノを置けば、その場所の掃除は終了です。

一箇所ずつ掃除する理由とまとめ

一箇所ずつキレイにすることによって、先程も述べたようにその場所をキレイにしたという達成感を得られると思います。またそれだけでなく、一日で全て片付けきれなくても後日別の箇所を掃除する、ということも可能になります。

全部一気に掃除しようとすると、なかなか進んでいる気もしないし、終わる気配がしませんよね。そうなると掃除が進まず、中途半端に終ってしまいます。そうならない為に、この掃除の方法をオススメしています。

以上、私の掃除の仕方でした。

スポンサーリンク